• HOME
  • 企業の皆様へ
  • 学生へ
  • 大学教員へ
  • 掲示板
ログイン画面
          
研究インターンシップ紹介-研究インターンシップとは
 
名古屋大学大学院工学研究科は、産学連携教育プログラムの一環として、平成17年度より長期型「研究インターンシップ」をスタートしました。
企業における先端的・実践的な研究課題に挑戦することを通して、“幅広い視点からの課題設定能力と問題解決能力”を養い、実践力、企画力、リーダーシップある人材の育成を図るものです。
 
対象学生は博士前期課程1年生および、博士後期課程1,2年生で、実施期間は1~6ケ月と長期ですが、派遣先企業、研究課題などに対応して、派遣期間を集中的にも分散的にも可能とする柔軟な実施形態をとっています。
 
実施する研究課題の設定から、インターンシップの実施、成果報告と評価までを企業と大学の緊密な協力の下で行います。
 
文部科学省主管の「産学連携による実践型人材育成事業」に採択されました。
平成27年4月現在の参加企業は、下記の18社・法人です。
  NTT、NTT西日本、交通安全環境研究所、新日鐵住金、東芝
  豊田中央研究所、東レ、三菱重工、三菱化学、愛知製鋼
 アイシン精機、ジェイテクト、デンソー、トヨタ自動車、豊田自動織機
 トヨタテクニカルディベロップメント、トヨタ紡織、豊田合成
 
もっと詳しく見る
    ▲トップ